スタッフブログ さかの歯科のトップページへ
TOP > スタッフブログ

自己紹介させていただきます。

2018年10月11日


みなさん、こんにちは (*^^)v

さかの歯科、歯科衛生士のM,Hです。

8月の終わりからさかの歯科で勤務させていただいています。
ブログを書くのは初めてなのでこの場をお借りして自己紹介させていただきます。

私は生まれも育ちも福岡で、今年のはじめに京都に引っ越してまいりました。
家ではセキセイインコと一緒に暮らしています。
人懐っこく寄ってくる姿と"インコ臭"に毎日癒されています(*´-`)

自己紹介させていただきます。M,H.JPG

京都は中学生の時の修学旅行で訪れましたがまさか住むことになるとは...!
折角のご縁なので京都のいいところをたくさん巡りたいと思います(*゚ー゚*)

さかの歯科は、先生もスタッフの方々も優しく、お仕事も丁寧に教えてくださるので早く一人前にならねば!と奮闘する毎日です。
患者様の気持ちに寄り添って確かな知識と技術を提供できる歯科衛生士になれるよう頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。


歯列接触癖

2018年10月 4日


みなさん、こんにちは (≧∇≦*) 

さかの歯科、歯科衛生士のC.Fです。 

先日テレビでも放送されていた歯列接触癖(TCH)についてご紹介します。
 
歯列接触癖とは「噛み続け癖」などと呼ばれ、食べていない時に不必要に上下の歯を接触させ続けてしまうというもので、歯ぎしりや歯をくいしばる癖とは違い、意識せずに上下の歯が触れている状態のことです。

!cid_8181FB5F304E4AF3A1907BCC9E361715@chikako.jpg
 
健康な方は、通常、上下の歯と歯の間に1~3㎜(前歯部)の隙間があります。
上下の歯が接触するのは会話や食事の時など平均で1日20分以下といわれています。

TCHの原因としてはパソコンやスマホの操作に集中しすぎ、少し俯いた状態での操作、また、ストレスなど緊張して歯の接触する機会が多いことが考えられています。
 
上下の歯を接触させ続ける癖がつくと、アゴの関節に負担がかかるので口のまわりの筋肉が緊張状態になり
疲労してしまいます。
ほうっておくと顎関節症の発症や悪化を招く可能性があり
噛み合わせの違和感、歯の痛み、首や肩のこり
頭痛を引き起こすこともあるようです。
 
癖というのはなかなか治らないと思うのですが
まずは病気の存在を知ること、自分の癖に気づくことが
大事だと思います。
 
番組では改善方法として美容効果も兼ねたマッサージの仕方なども
紹介されていました。
興味のある方は検索してみて下さいね。
 
2018年9月25日
TBS系『教えてもらう前と後』
 

さかの歯科の販売商品の紹介です☆

2018年9月27日


みなさん、こんにちは (・∀・)

さかの歯科、受付のS,Fです。 

一気に秋らしくなり、朝晩肌寒くなってきましたね!
体調崩されないように、皆さん気を付けてください。

さて本日は、さかの歯科で販売している商品の一つ

歯間ブラシのご紹介です☆

さかの歯科の販売商品紹介.jpg

歯間ブラシは、ハブラシだけでは磨ききれない(届かない)歯と歯のすき間や、ブリッジの下面、歯科矯正されている方は矯正器具の周りなどに使う、補助的清掃具です。

普段のブラッシングの後に、歯間ブラシを使う事により、プラーク(お口の中の細菌の塊)の除去率が大幅に上がります。

歯間に合わせたサイズがあり、一番細いタイプUS→SS→S→Mと順に太くなります。

サイズがわからない、という方はスタッフまでお気軽にお声かけ下さいね!

ハブラシ同様、洗って繰り返しお使い頂けます。

ワイヤーが切れてしまったり、毛が乱れて金属部分が露出してくると、歯肉を傷つける場合があるので交換して下さいね。

毎回のブラッシングの際にやるのが理想的ですが、「毎回はめんどうだな...」という方は、夜のブラッシング時だけでもいいので毎日続けてやってみて下さい!毎日のケアがとっても大事ですp(*^-^*)q

みんなで、お口の健康を守りましょう~!




歯科用樹脂

2018年9月21日


みなさん、こんにちは (^◇^) 

さかの歯科、歯科衛生士のN,Kです。

ようやく残暑も終わりましたが、大型台風を含め本当に今年は厳しい気候が続きました。被害に遭われた方々、お悔やみ申し上げます。

さて少し前になりますが、恥ずかしい話ですが、食事中に鯛のほねを思い切り噛んでしまい、小臼歯の一部が欠けてしまいました。

歯科用樹脂を詰めて治り、一安心。。。。。

ところで私が衛生士になりたての頃は 今のものとは全然異なるもので2種類の柔らかいペースト状を練和し、化学的な反応で固まらせただけの白い詰め物で、取れやすかったイメージが強かったです。

現在ほとんどの歯科医院で使われているのは、1種類のペーストに特殊な光を充てて瞬時に硬化に至る非常に便利なものとなってます。

前歯の治療などで処置を受けられてる方も多いと思います。 


光

歯科に限らず、医療はあらゆる分野で次々と 画期的な研究、発明ガされています。

患者さんの皆さんに  少しでも楽で安心出来て、なおかつ正確な治療が受けられるように、日々願います。  

でもやっぱり一番いいのは悪い歯を作らないこと、皆さん歯磨き頑張りましょうね。

新たに小型高圧蒸気滅菌器が導入されました

2018年9月13日


みなさん、こんにちは(^-^)/

さかの歯科、歯科衛生士のK,Hです。

歯医者では歯を削ったり、歯を抜いたりさまざまな治療があります。
そして器具には唾液、血液等が付着します。

感染を予防する為には使用した器具、機材を消毒、滅菌していかなければいけません。

さかの歯科では感染予防の為に器具は薬液で超音波洗浄をした後に高圧蒸気滅菌をします。

先月、新たに小型高圧蒸気滅菌器が導入されましたo(^▽^)o

小さいけれどオートで給水から完了までしてくれます。

とても使いやすくこまめに滅菌が出来るので重宝しています。
外科器具、歯周病用の器具も直ぐに滅菌しやすいですね。

これからも患者さんに安心して治療を受けていただけるように感染予防に努めていきたいと思います。


1.jpg

前の5件へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
スタッフ カレンダー

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリー アーカイブ