スタッフブログ さかの歯科のトップページへ
TOP > スタッフブログ

つまようじ法 その3

2019年2月28日

みなさん、こんにちは (p*・ω・)p

さかの歯科・チーフのJ,Nです。  

今まで、二回に渡りつまようじ法について、説明させていただきましたが、さかの歯科にお見えの患者様の中にも、つまようじ法を気に入られ、お口のお手入れの中に取り入れ、続けてされている方が大勢おられます。

その中でも長年毎日続けておられるという方を、今回はご紹介させていただこうと思います。

その方は、H.11年3月初診時の時は51才でした。左上の奥歯に痛みがあるということで、初めて来院されました。

大きな虫歯だったので、かぶせ物の治療をして、他に治療が必要な歯はなかったので、3ヶ月後に健診のおはがきを出しますということで、終了。

その2年後に、左下奥歯の歯ぐきの痛みのため、来院。

歯周ポケットが深く、歯ぐきが腫れうみが出ていたため、麻酔をして切開、洗浄。
炎症止め、化膿止め、痛み止めの薬が処方されましたが、その後もたびたび、同じような症状で受診され、H.23.9月ご本人の希望により、抜歯ということになりました。

しかし、H.18.5月から始められた歯周病メンテナンスは、今までお休みされることなく続けておられ、その後は1本も失うことなく、毎月お見えになりますが、お口の中は、いつも、磨き残しなくきれいにされています。

そして、歯ぐきのマッサージをさせていただく時、「いつも、つまようじ法も続けてされていますか?」とたずねると、「必ず、毎晩つまようじ法をしてます。」と返答してくれます。

今月も、歯周病メンテナンスに来院されましたが、この患者さんも現在、71才になられました。
歯ぐきが引き締まり、歯周病の進行がおさえられ、その結果として、歯を失わず、健康な歯ぐきになれたのも、ご本人自身が頑張って来られたからだと思います。

一生、自分の歯で美味しく食べるために、これからも続けていただきたいとおっしゃってくださり、私もつまようじ法を指導してきて本当に良かったです。
つまようじ法つまようじ法

つまようじ法 その1

2018年10月25日

みなさん、こんにちは *\(^o^)/* 

さかの歯科、チーフのJ,Nです。

さかの歯科では、ブラッシングの治療効果をあげ、正しい歯みがき法を実感してもらうため術者磨きを行っています。

バス法、スクラビング法に加え、8年前からつまようじ法を取り入れ、歯肉マッサージをさせていただいています。

つまようじ法1.jpg

当初、私は他のスタッフと一緒に、つまようじ法のセミナーにも参加させていただきました。

つまようじ法とは、歯ブラシの毛先を歯間に入れ、往復運動をするようにしてマッサージする方法で、歯周病予防には、とても効果的だと言われています。

術者磨きの後、口の中がスッキリして気持ちがいいと喜ばれる患者さんも大勢おられます。

次回もつまようじ法について、詳しくお伝えしていこうと思います。

お楽しみに~。

次回に続く。。。

お口の健康維持管理のための定期検診

2018年1月18日

みなさん、こんにちは (^◇^) 

さかの歯科、歯科衛生士のN,Kです。

寒さも本番ですが体調管理は大丈夫ですか?

さかの歯科では,多くの方がお口の健康維持管理のための定期的なメンテナンスに来られてます。

カルテを拝見すると開院当初から長きに渡って来院されてる方もおられます。
(ちなみにさかの歯科は開院21年目に入ります)

歯石取りやハブラシで歯ぐきのマッサージをさせていただいてるのですが、中には非常にきれいな状態の患者さんもおられ、我々専門家と同等、もしくはそれ以上に健康な口腔内を維持されてる方も。。。。


00186.jpg


やはり継続は力なり、の言葉どおり、こと健康維持に関しては、いかに良い状態を長く続けていくかが非常に重要だと思われます。

久しく歯医者さんへ行かれてない方は 勇気を出して(笑)一度、お口全体のチエックを受けてみてくださいね。

デンタルフロスの使い方

2014年1月16日

こんにちは(・∀・)ノ

さかの歯科の歯科衛生士の日高です。

歯ブラシだけでは、どうしても細かいところ、毛先が入っていかないところの汚れは落とせません。
そこで有効なのが、歯と歯の間をきれいにする歯冠ブラシ・デンタルフロスです。
今回は、デンタルフロス(糸ようじ)の使い方をご紹介します。

糸を歯間に通すときは、糸のこを使う時のように、軽く動かしながら入れてください。
いきよい良くガツンといれると、歯ぐきを傷つけてしまいます。

6461_0044209.jpg
ゆっくり歯ぐきまでおろしながら、汚れをからみ取っていきます。

6461_0043209.jpg
デンタルフロスの利点は、歯ぐきの中(歯周ポケット)まではいるところです。
こうする事によって、歯ブラシだけではなかなか届かない、歯周ポケットの汚れ(プラーク)が除去できます。

6461_0042209.jpg

いろんなタイプのデンタルフロス(糸ようじ)が販売されているので、使いやすいものを選んで下さい。
続けてもらうことが一番大切なので、使いやすいものを探してみてください。

歯科衛生士の仕事(歯周病治療:歯磨き指導)その2

2013年2月 7日

おはようございます(*゚∀゚*)

さかの歯科の歯科衛生士の日高です。

         
術前                      術後  
si4.jpg
si3.jpg








前回は特殊ブラシのプラウトについてのお話しをしました。

プラウトについて


今回は、歯と歯の間をお掃除するブラシ(歯間ブラシ)のお話しをします。


歯と歯の間に隙間があることをご存知ですか?

この場所は、〔はぐき〕〔歯〕が接している大切な所です。


ここに磨き残しがあると〔虫歯〕にも〔歯周病〕にもなるリスクが高くなります。

〔唾液〕〔水分〕で自然にきれいになるよう隙間があいています。


     ( 歯間ブラシ )            ( 歯間ブラシ )


si1.jpg

si2.jpg








この隙間が〔プラーク〕〔歯石〕で埋まらないように、しっかり汚れを落として下さい。


歯ブラシだけでは隙間の汚れは落ちにくいので歯間専用のブラシ(歯間ブラシ)を使って下さい。


自分にあったサイズを選ぶ事も重要です。

さかの歯科スタッフがあなたの一番良いサイズをお選びします。


1  2
スタッフ カレンダー

2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
カテゴリー アーカイブ