スタッフブログ さかの歯科のトップページへ
TOP > スタッフブログ

歯科衛生士の仕事(歯周病治療:歯石除去編)その8

2013年10月 3日

みなさん、おはようございます(*^_^*)

さかの歯科の歯科衛生士の日高です。

歯石を取ってもらうのが、生まれて初めてです!」と、おっしゃる患者さんに出会いました。

術前                       術後
1.jpg
2.jpg







上の写真は、歯石を取る前後の写真です。

下の前歯の裏側は、歯石のつきやすいところですが、舌で触っても分かりずらいので、なかなか自分で気づくことは、難しいです。

これが、取り終わった歯石です。

3.jpg
4.jpg








ピンセットでつまんでもらったら、あまりの硬さにびっくりされました。

でも、歯石を取ってからが重要なのです。
しっかりとお手入れしていただかないと、すぐに歯石はついてしまいます。

すくなくとも1日1回は、100%汚れを落としていただきたいのですが...
100%磨きはたいへん難し、く歯周ポケットが深いところは、歯ブラシが届かないので、定期的なメインテナンスが必要です。

歯科衛生士の仕事(矯正治療中の管理)

2013年9月 5日

こんばんは☆彡

さかの歯科の歯科衛生士の石浦です。

こちらは矯正装置の周りに歯石が付着しています。
歯石除去前                 歯石除去後
歯石1.jpg
歯石2.jpg









こちらは矯正装置を外したら虫歯になってしまっています。
矯正装置除去前              矯正装置除去
虫歯1.jpg
虫歯2.jpg








矯正中は、装置に食べ物が絡まったりしやすいうえ歯ブラシが行き届かず歯石が付着したり虫歯になる可能性が高くなってしまいます(・・;)


歯磨きのコツは......
・毛先をワイヤーの下に入れ細かく動かす。
・金具と歯肉の間をよく磨く。
・小回りがきき隅々まで磨けるようにヘッド部分が小さめの歯ブラシを使用する。
・毛先がひらきやすいので歯ブラシはこまめに交換する。
・補助的清掃器具を上手く使う→歯間ブラシ(ワイヤーの下やブラケットのまわり) プラウト(歯ブラシの毛先がコンパクトになったものです。毛先が当てにくい場所)フロス(歯と歯の間)


矯正でキレイな歯並びを手に入れても虫歯ができてしまったりするのはすごく残念です(>_<)
お家での徹底した歯磨きと定期的に歯科医院でクリーニングをする事が大切ですー☆☆  

歯科衛生士の仕事(歯周病治療:PMTC編)その3

2013年8月 1日

こんにちは(^ー^)ノ

さかの歯科の歯科衛生士の日高です。

2013年4月より、さかの歯科では、歯面を清掃する器械『プロフィーメイト』を導入しました。        
≪プロフィーメイトとは?≫

プロフィーメイト1.jpg

       ( 使用前 )                ( 使用後 )
2013-07-02 13.30.44.jpg
2013-07-02 13.30.38.jpg









水とパウダーを使ってクリーニングする器械です。

やわらかいパウダーを使用しているので、歯の表面を傷つけず滑らかに仕上がります。

とても小さなパウダーを使用しているので、ラバーカップでは届きにくい複雑な歯列、歯冠部、小窩裂溝なども、クリーニングが行えます。

歯石は取れないので、歯石除去を受けてくださいね。

歯科衛生士の仕事(歯周病治療:歯石除去編)その7

2013年7月 4日

みなさん、こんにちは☆ミ

さかの歯科の歯科衛生士の石浦です。

術前                       術後
2013-09-19 14.46.52.jpg
2013-09-19 14.47.00.jpg






30代男性の下の前歯内側に付着していた歯石です。 
産まれて初めてとったそうです。

他はけっこうきれいに磨けてるのですが、ここだけ歯石が多く付いていました。

近くに唾液の出る穴があるので、下の前歯(特に内側)は歯石が付きやすい場所です。

お掃除していると、穴から唾液が出るのがわかる事もあるんですよ。かかるかと思うぐらい勢いのいい人もいます(・・;)

歯石は歯垢(細菌の塊)が唾液のカルシウムなどと合わさってできます。

下の前歯は歯ブラシの当て方が悪かったり、さぼってしまうとすぐに歯垢が歯石になってしまいます。

歯石になってしまうと歯ブラシではとれません。
早めに歯科医院でとりましょう!!   

歯科衛生士の仕事(歯周病治療:歯石除去編)その4

2013年5月 9日

おはようございます⊂((・x・))⊃

さかの歯科の歯科衛生士の日高です。


術前                      術後
4479_0127217.jpg
4479_0128217.jpg





定期的にメインテナンスに来られている患者さんですが、3ケ月で歯石になってしまっています。

奥歯や下の前歯裏側以外は、とてもきれいに手入れしていただけています。

磨きくせがあり、どうしてもブラシがうまくあたらないところがでてきてしまいます。特に、下の前歯の裏側は歯石になりやすいです。

歯の形も小さく歯肉に向かって細くなっているため、磨き残しがでやすいのです。プラークや歯石の中には細菌がたくさんいるため、歯肉を腫らしたり、虫歯になりやすいです。

どうしてもブラシの苦手な場所やとどかない奥歯・ポケットの中は定期的なメインテナンスが必要です。

メインテナンスして細菌数が減っても早ければ、1ケ月でもとの数までもどってしまいます。
前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8
スタッフ カレンダー

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリー アーカイブ