スタッフブログ さかの歯科のトップページへ
TOP > スタッフブログ

誤嚥性肺炎と歯周病の関係

2018年5月24日

みなさん、こんにちは (≧∇≦*) 

さかの歯科、歯科衛生士のC,Fです。 

先日友人のお父様が亡くなられました。

数年前に脳梗塞で倒れられ、半身不随となられましたが、自宅療養されており、入浴以外はご自分で頑張られていたようです。

去年の夏にご自宅で転倒され、大腿骨を骨折され入院し手術を受けられました。

一時はそろそろリハビリを始めましょうかと言うくらい回復されていたようなのですが、誤嚥性肺炎を発症され入院が長引くことに・・・

その後、回復され退院されたのですが、二度目の誤嚥性肺炎を発症。

二度目の入院生活では口から食べることもままならず、お父様もご家族も辛い日々だったようです。

足の手術は成功されていたので、誤嚥性肺炎さえ発症しなければ、ご家族とご自宅で過ごせる時間がもっと作れたのではと感じました。
 
さかの歯科では歯周病のご説明の際、顕微鏡下での歯周病菌の映像を見て頂いていますが、口の中には歯周病菌以外に600種類もの細菌が存在しています。

口の中は菌にとって温度、湿度、栄養の三拍子揃った絶好のすみかです。

正しく清潔に保っていれば問題はないのですが、ケアを怠ると歯周病、虫歯などの原因になるだけではなく、血液中に侵入、心臓病、糖尿病、動脈硬化などを引き起こされると言われています。

妊娠中に歯周病が進行してしまった場合、低体重児や早産のリスクも高くなるようです。

そして肺炎も口の中の菌が肺に入り込むことで発症するケースがあり、とくに高齢者に多いようです。

誤嚥性肺炎.png
 
 
お口の中を清潔に保つことは虫歯や歯周病を予防するだけでなく、さまざまな病気のリスクを遠ざけることが出来ると思えば、毎日のお家でのケアも頑張れるし、歯科医院でのメンテナンスも積極的、継続的に受けて頂けるのでは、ないでしょうか。

皆さん健康長寿を目標に、お口の中を清潔にしましょう!!
 

咀嚼について

2018年2月 1日

みなさん、こんにちは (・ω・)/

さかの歯科・歯科衛生士のM,Hです。 

今年はインフルエンザがかなり、流行していますが、みなさん、体調はいかかでしょうか(*^^*)

乳児☆幼児期の毎日の食事でのトレーニングのために、、
と言うことで、、

まず、咀嚼機能が未発達の子供たちにとっての食べにくい食材を知りましょう(*^^*)

かたさ.jpg


まずは身近な『ごはん』でゆっくり噛む練習をしましょう(*^^*)

毎日食べているごはんは意外に噛みごたえのある食品です。
ごはんは、噛めば噛むほど、甘みを感じることができるので、咀嚼の練習には最適です。
  
☆注目ポイント☆
  
    ①一口量が適切かどうか確認しましょう。
    
    ②食べ方を観察して、一口ごとに噛む回数を増やすように、支援しましょう。

ゆっくりよく噛んで食べ、ごはんを自然にのみ込むことができていれば、OKです。
ごっくんとのみ込んでいるようなら、ごはんの水加減を増やしてやわらかくしてみましょう。

良い噛む習慣が幼少期からつくと良いですね(*^^*)

歯の生え変わり

2017年8月17日

みなさん、こんにちは (^◇^) 

さかの歯科、歯科衛生士のN,Kです。

連日うだるような暑さが 続いてますがもう一ヵ月、頑張りましょう!

今日は歯の抜け替わりのお話です。

乳歯は早ければ生後4ヶ月、平均すると7か月ころから下の前歯に真珠のようなかわいい歯が生えてきます。そして前から順々に生えていき個人差はありますが、おおよそ2歳半から3歳ごろまでに上下合わせて20本揃います。

最初の永久歯はおなじく下の前歯から生えてきますが、皆さんのお子さんや、まわりの子供さんで、まだ乳歯が抜けてないのにその裏側から永久歯が顔をだしてきた、などの経験をお持ちのかた、いらっしゃるんではないですか?

乳歯.jpg

そういった場合でも 慌てて歯医者さんに抜いてもらう必要はありません。

例外も勿論ありますが、たいていの場合、乳歯がぬけたあと、永久歯は移動して並んで生えます。

乳歯がグラグラしていて食事や歯磨きに支障が出て来た、などの場合は早目に歯医者さんに診てもらってください。




唾液のお話し

2017年4月 6日

みなさん、こんにちわ(╹◡╹)
さかの歯科、歯科衛生士のC . Sです。

暖かくなってきて いよいよお花見シーズンですね。どこかへお出かけの計画されてますか?

先日ある患者さんから、「最近すごく口が渇いて...何ででしょうね、何かいい対処法はないですか?」って聞かれました。

そこで今回は少し唾液のお話しをさせてもらいますね。

唾液の分泌の減少は、ストレスや緊張、そして加齢が主な原因とされています。
唾液の分泌が減るといっても自然に分泌させる量が減るだけなので 分泌を促してあげればたくさんの唾液で潤った口になり、虫歯、歯周病を予防し、口臭が改善されます。

そこで対処法としては 食事の時に噛む回数を増やす、ガムを噛む、なるべく口呼吸をしないようにするのがいいそうです。そして唾液を助ける方法としてオススメなのが マウススプレーです。

スプレー.JPG

口の中にシュッとひと吹きするだけで口が潤って乾燥しなくなりスプレーの成分によって口臭もしにくくなるそうですよ。
たかが唾液、されど唾液! 
唾液はとても大切な役割を果たしてくれてます。

普段から唾液の分泌を促すように頑張ってみてくださいね٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

お口と小腸との関係

2017年3月16日

みなさん、こんにちは (・ω・)/

さかの歯科・歯科衛生士のS・Nです(^^)

花粉の季節がもうすぐ到来しますが、みなさん花粉対策は大丈夫でしょうか。

さて、ここ数年「腸内フローラ」という言葉を耳にしますね。
善玉菌、悪玉菌等の腸内にいる菌をまとめて「フローラ」と言いますが実は、歯垢(プラーク)も色々な菌が存在していることが共通で、「お口のフローラ」と呼ばれているそうですよ。

腸内フローラ.jpg

一見離れているように感じるお口と小腸。
実は密接なつながりがあるのです!
私たちの体の中に害を及ぼすウイルスが侵入したとき、活躍してくれるのが「免疫細胞」。
その「免疫細胞」の6~7割は小腸に存在してると言われています。

歯ぐきに異変が起きたとき、「免疫細胞」は、なんと小腸からリンパ節を経由して駆けつけてくれるのです!
歯ぐきを守るのは、小腸にいる免疫細胞。
歯周予防のためには、日頃から小腸の免疫細胞の能力を高めておくことが大切なのですね。


さて。
私事ですが今回でブログをするのが最後になりました。
ブランクがあり、病気がちで休みがちな私に、院長、副院長をはじめスタッフの皆さんは温かく見守ってくださいました。のびのびと働くことが出来ました。
感謝の気持ちです。
さかの歯科のスタッフの皆さんと出会い、一緒に働けて楽しかったです。

ありがとうございました。



1  2  3
スタッフ カレンダー

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリー アーカイブ