スタッフブログ さかの歯科のトップページへ
TOP > スタッフブログ

前歯の形態

2018年9月 6日

みなさん、こんにちは (*´∇`)

さかの歯科・歯科技工士のS,Nです。 

今回は前歯の形態について簡単に紹介したいと思います。
前歯の形態は人によって違いがあると言われています。また、その人の顔貌の外形の特徴とよく似ており、方形(S:Square)、卵円形(O:ovoid)、尖形(T:taper)に分かれます。

また性別とも関係があり、女性の歯は小さくて丸みがあり、男性の歯は大きくて角張る傾向があります。

年齢を重ねると歯の先端部分は歯ぎしりなどの咬耗により平らになっていきます。

歯の形態.jpg

家族や友人などの歯を意識して見てみてもおもしろいかもしれませんね(*^-^*)


乳歯のはえかわり

2018年8月23日

みなさん、こんにちは (・ω・)/

さかの歯科・歯科衛生士のM,Hです。 

5歳から6歳頃になると、乳歯がグラグラし、永久歯が生えてきます。

多くは、一番最初に下顎の前歯がグラグラしてきます。その時、よくあるのが、乳歯が抜けずに、乳歯の内側に永久歯が生えてきてしまうことが、非常に多いです。

乳歯2.JPG

「早く抜かないと、歯並びが悪くなってしまう」

心配される保護者の方も多いと思います。実際に6歳頃になると、顎の成長も進んできて、歯と歯の間も少しすいてきます。

永久歯は、並ぶスペースが無いと多くの場合、内側に生えてきますが、日常の無意識な動作の舌に押されて、本来の位置に戻る事が多いので、そのまま、経過を見ていただく事も多いです。

大丈夫かなぁ?と心配な時は、まずは受診をお勧めします。

癒合歯について

2018年8月 9日

みなさん、こんにちは (*^^)v

さかの歯科、歯科衛生士のR,Mです。

今年の夏は本当に暑くて毎日しんどいですね。
みなさん、体調崩されていませんか?

今日は「癒合歯」についてお話したいと思います。

癒合歯とは、本来ならば1本ずつ生えてくる歯が2本くっついて1本の歯のように生えてきてしまっている歯のことです。
癒合歯は永久歯より乳歯に多く見られます。

癒合歯がある場合、 普通に生えてきた歯と比べて永久歯への生えかわりの時期や歯並びに影響する場合があります。後から生えてくる永久歯に問題が出ることもあります。

癒合歯自体は問題ありませんが、その後に生えてくる永久歯は、45%の確率で存在しないと言うデータがあるようです。

また、生えかわる時期にグラグラ揺れて抜けると言うことがない場合もあります。
癒合歯の場合、レントゲンで下から生えてくる永久歯がすぐ近くに生えてきているのに、吸収されない根っこがあるとわかれば抜歯が必要ということもあります。

そして、癒合歯のくっついている境目の溝が深くプラークがたまりやすいので、虫歯になりやすいです。
虫歯予防として、癒合歯にもシーラントをして虫歯のリスクを下げる事も効果的です。

気になる症状があれば受診しましょう。




_20180803_014110.JPG

暑くなってきました

2018年7月12日

みなさん、こんにちは (^◇^) 

さかの歯科、歯科衛生士のN,Kです。

最近急に猛暑となってきていますね。

ちょっと前の地震は本当に怖かったですね。被害に遭われた方々、本当にお気の毒さまでした、、、、。阪神淡路大震災のときの記憶が一瞬よみがえった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

当時の映像で今も思い出すのが寒々とした避難所で、配られたおにぎりをじっと見つめておられたお年寄りの方が一言、ありがたいんだけど食べられないんだよね、入れ歯を無くしてしまって、こんなに固くなってしまったおにぎりは無理なんですよ、、、と溜息をつかれてた姿です。

なんともいえないつらい気持ちになったのを覚えています。もう二度とこんな思いをされる方が出ないようにねがう毎日です。  
 
入れ歯.png

乳歯が抜けたらどうする?

2018年6月 7日

みなさん、こんにちは (*^^)v

さかの歯科、歯科衛生士のR,Mです。

ジメジメした季節に入りましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

今回は「乳歯が抜けたらどうする?」ということで、乳歯を保存する意味や洗浄・保管方法についてお話したいと思います。

私達が子どもの頃は、丈夫な歯が生えてくるおまじないとして「下の歯が抜けたら屋根の上に」「上の歯が抜けたら床下に」投げた、という方が多いと思います。

最近では、抜けた乳歯は大切に保管しておくという方が増えています。
私も、記念のために子どもたちの歯を保管しています。

生え変わりで抜けた乳歯の上手な保管方法ですが、歯は汚れが付着したまま放置すると、割れたり変色したり、最悪の場合はカビが生えることもあります。
乳歯は血やたんぱく質などで結構汚れているので、洗浄が必要です。
オキシドールなどで洗浄してからの保管がおすすめです。

又、きれいに洗浄した後は上手に保管したいですね。最近では、乳歯ケースを出産祝いに贈ったり、お友達にリクエストされるお母さんも増えているようです。

虫歯のない乳歯のまま生え変わるよう、きちんと仕上げ磨きをしてあげて下さいね。DSC_0044-1024x576.JPG
前の5件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13
スタッフ カレンダー

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリー アーカイブ