スタッフブログ さかの歯科のトップページへ
TOP > スタッフブログ

むし歯ゼロ!

2015年8月27日

表彰状.jpg


こんにちは。さかの歯科、歯科衛生士の下村です(*´∇`)

夏休み前に小6の次男が表彰状をもらってきました!
6年間むし歯ゼロで、歯科検診の後「要治療」の用紙を1度ももらう事がありませんでした。
私の職業からすれば当たり前なのかもしれませんが、息子達にきちんと歯みがきが習慣付くまで
それはそれは大変な道のりでした( ̄0 ̄;)
幼児の頃には、歯ブラシを見るだけで大泣き。私の必死な顔がオニにみえたのかもしれません。
それでも毎日毎日仕上げみがきを欠かすことなくやり続けました。
今では、合宿や宿泊学習、修学旅行に行くと、
「歯みがき長いなぁ~」
「いつまで歯みがいてるん~?」
と、言われるくらい丁寧にみがくようになりました(^ー^)

表面がツルツルしてきた!
歯みがきは気持ちが良い!
1日の体の汚れをお風呂できれいに洗うように、3食食べて汚れた口の中をキレイに洗うこと!これがきちんと習慣付くといいですね!

乳歯と永久歯が混在する混合歯列期は子供だけで汚れを落とすのが難しく、必ずみがき残しができてしまいます。
毎日仕上げみがきをしてあげて下さいね!
分からない事があればいつでも聞いていだだければ!と思います(^^ゞ

自分磨きでどこまでできる?

2014年4月17日

おはようございます(^ー゜)

さかの歯科の歯科衛生士の安木です。

我が子で自分磨きの実験をしました(#^.^#)

時間は無制限、「自分できれいになったと思うまで、ちゃんと磨いて」と言い歯ブラシを渡しました。
結果は。。

conv0006.JPG

こちらは6年生
所要時間10分
赤い部分が磨き残し
 生えかけの犬歯とその隣の歯が少し赤くなっています。

conv0007.JPG

こちらは4年生
所要時間20分(テレビを見ながらダラダラと磨いていました)
正面から見るととてもきれいに磨けています。
 
しかし横から見ると。。。

conv0009.JPG

歯並びがずれている所が見事に残っています。

さらに上の歯の内側は、かなり残っているのが分かります。

conv0008.JPG
 
これを見て頂いた上で思い出してみてください。

お子さんの普段の歯磨きの様子はいかがですか?
「えっ?もう終わったん?」とおっしゃられる事も多いのではないでしょうか?
チャチャっと1分程磨いただけ。。。想像するとゾッとしますよね(@_@;)
 
大人でも一生懸命磨いたつもりでもなかなか上手に磨けないものです。
ましてや小学生が自分だけできれいに磨くのは正直無理なんです。
特に混合歯列期である小学生は歯の並びがでこぼこしていて磨きにくいものです。
 
もう高学年なんだから。。と言わず、せめて混合歯列の間(できれば小学生のうちは)仕上げ磨きをしてあげてください。
毎日は無理でも、2~3日に1回、週1回でもお母さんの無理のない範囲で、お子さんの歯をチェックしてあげてほしいと思います。
 
そして、何か気になることがございましたらお気軽にお越しくださいね(*^_^*)

洛西のタケノコ

2012年5月31日

さかの歯科の歯科衛生士の石浦です。

 

毎年この季節は、大好きな筍を母と買いに行きます♪♪

 

洛西の筍は新鮮で、あくが少ないので1時間程茹でたらオッケー
今年は、2日続けていただきました~

 

写真は、筍ご飯・若竹煮・味噌和え・チーズはさみ揚げです。
山椒の葉を散らすと、香りもよく一段とおいしくなります☆

 

春の味  ゛たけのこ  ゛最高においしかったです (^∇^)/

 

たけのこ.jpg

歯神社

2012年4月19日

ha.jpg

 

 

さかの歯科の歯科衛生士の石浦です。

 

阪急梅田駅を少し東に行った所にあります♪
前から、こんなとこに「歯神社」なんてあるんや!!っと気になってました。

 

歯神社は、江戸時代から続く歴史ある神社で、もともと農耕の神様であったと言われ淀川が氾濫した折、ご神体の巨石が歯止めして農民達を守った事に由来するということです。

 

歯止めしたことから、歯の神と呼ばれ歯痛によく効く神様として信仰されるようになったそうです。

 

神前の"なで石"を2~3度なでた手で患部に触れると歯痛が治ると言われているようですよ(´▽`)*

 

 

ha2.jpg

 

名古屋城と昔の入れ歯

2012年1月12日

isi.jpg

 

さかの歯科の歯科衛生士の石浦です。

 

先日、名古屋に行ってきました♪新幹線で36分。早すぎぃー

 

名古屋城は、徳川家康が築いた城ですが...家康といえば、晩年は歯が全てなくなり、そのため木の入れ歯を作らせ食事をしていたとか。

 

その頃の入れ歯は、木ロウで歯型を取り、その歯型を元に作っていたそうです。使用したのはツゲの木。

 

ツゲの木は緻密で硬く、また抗菌作用があって不潔になりにくく、入れ歯の材料として最適な材料だったようです。前歯には自分の歯かあるいは他人の歯を絹糸で台にくくり付け、奥歯は金属の釘を何本も打ち付け、よく噛めるようにしてあったそうです。

 

現存する当時の入れ歯を見ると、現在の入れ歯にあまりにもよく似ているそうです。
一度見てみたいものです☆ミ

前の5件 1  2  3  4  5
スタッフ カレンダー

2020年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー アーカイブ