スタッフブログ さかの歯科のトップページへ
TOP > スタッフブログ

犬の歯周病

2020年6月 4日

みなさん、こんにちは (+o+)

さかの歯科、歯科衛生士のK,Yです。

去年9月に我が家は保護犬を迎えました。
6歳のミニチュアダックスです。この子は繁殖引退犬だったようです。

いぬ 2回目.jpeg

とても可愛い見た目に反して、当初はすごい歯周病で前歯はグラグラで触ると痛いのか、嫌ががっていました。( ´༎ຶㅂ༎ຶ`)
それに口臭がすごくきつく、腐敗臭の様な臭いもありました。
いぬ1.jpeg

とにかく歯周病治療が第一優先と思い 動物病院で歯石除去をしてもらう事に...
犬は人間と違い歯周病の場合は治療というより、動揺している歯、ポケットの深い歯は抜歯するのが普通だそうです。

帰って来た時にはなんと、12本も抜歯されていました...(இдஇ; )

しかし!!口臭はすっかり無くなり、その後布を噛んで遊んだり、元気にダンボールを噛んで遊んだり出来るようになりました。
12本のなくなったけれど、抜歯、歯石除去をしてもらって本当によかったなぁ♡と、家族全員で言っていました(❁´ω`❁)

しかし...
今まで歯のお手入れをしてもらってこなかったせいもあり、歯ブラシで磨こうとすると すごく嫌がってさせてくれません...泣
仕方ないので、歯磨きシートで拭いてあげるのですが、やっぱり人間も犬も小さい頃からの習慣がとても大事なんだなぁと思いました。

あれから8ヶ月、現在の歯はこんな感じ。
いぬ 3.jpeg

歯石はありません。

歯抜けになった我が家のワンコは益々可愛くなり、今ではもう無くてはならない家族の一員となりました(*´▽`*)♬*゜

<<前へ                              一覧に戻る                               次へ>>

スタッフ カレンダー

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリー アーカイブ