歯の専門知識 さかの歯科のトップページへ
TOP > 歯の専門知識 > 各国の定期検診率

各国の定期検診率

さかの歯科.のロゴビーバー.jpg


【各国の定期検診率と残存歯数】

80歳残存歯数.gif

欧米諸国の高齢者の残存歯数(残っている歯の本数)平均をご存知ですか。 
80歳時で  日本 8.8本 、スウェーデン 25本です。
 
スウェーデンと日本とでは、高齢者の残存歯になんと16本もの差があります。 その違いは一体何なのでしょうか?
 
調べてみると、定期検診を「受けている」のか「受けていない」のか の違いだということがわかってきました。
 
歯科医療先進国であるスウェーデンやアメリカでは、定期検診の受診率が80 ~90%と高く、それに伴い80歳の残存歯数も高くなっています。
 
一方、日本は受診率が2%とはるかに低く、残存歯数もわずか8.8本。 

予防意識の違いは一目瞭然であり、残存歯数に大きく影響していることがわかります。



さかの歯科.のロゴビーバー.jpg

【年代ごとに残っている歯の本数】


予防歯科(年代ごとに残っている歯の本数)

グラフは、定期健診(定期的なお口のクリーニング)を受けている人は、年をとっても多くの歯を残していることを示すものです。

定期的なお口のクリーニングがむし歯や歯周病の予防に効果が大きいことは、科学的にも証明されています。

お口のクリーニングは、お口のリフレッシュと、健康な歯の保持という二つの効果をもっているのです。

1 入れ歯・義歯

  1. 入れ歯・義歯の目次

2 自費の入れ歯

  1. 金属床義歯 
  2. 磁石式入れ歯
  3. シリコーン義歯 
  4. コンフォート義歯 
  5. ノンクラスプ義歯
  6. 金属床 + 磁石
  7. 金属床 + ノンクラスプ

3 磁石式入れ歯

  1. 磁石式入れ歯
  2. 従来の入れ歯を磁石式入れ歯にできますか?
  3. 歯が2~3本残っている方へ
  4. 歯が0本の方へ
  5. 「インプラント・磁石式入れ歯」と「通常の入れ歯」の違い
  6. 磁石式入れ歯の治療の流れ

4 入れ歯の特徴

  1. 自費の入れ歯
  2. 保険の入れ歯 
  3. 総入れ歯と部分入れ歯

5 予防歯科

  1. フッ素
  2. シーラント
  3. 各国の定期検診率
  4. 定期メンテナンス(おとな編)
  5. 定期メンテナンス(お子さま編)

6 親知らず

  1. 親知らず講座の目次
  2. 親知らず(親不知)とは?
  3. 親知らずはどんなふうに生えてくるの?
  4. 親知らずが痛くなる原因
  5. 親知らず(おやしらず)の特徴
  6. 親知らずを早く抜いほうがいいの?
  7. 親知らず(親不知)治療の手順
  8. 親知らず抜歯後の注意点

7 小児歯科(こども歯科)

  1. 小児歯科(こども歯科)講座の目次
  2. フッ素
  3. シーラント
  4. 定期メンテナンス(お子さま編)
  5. サホライド

8 求人情報

  1. 歯科技工士さん募集中!京都市西京区のさかの歯科で働きませんか?
  2. 歯科受付さん&歯科助手さん募集中!京都市西京区のさかの歯科で働きませんか?