歯の専門知識 さかの歯科のトップページへ
TOP > 歯の専門知識 > シーラント

シーラント

小ビーバー40.jpg


【シーラントとは?


6歳臼歯(第1大臼歯)は6歳頃に生えてくる永久歯です。食事をする時に一番活躍するこの歯は、歯ブラシが届きにくいために、汚れがたまり虫歯になることが多く、最も寿命の短い永久歯の一つでもあります。子供の6歳臼歯の歯の溝はとても深く、虫歯の始まりはこの溝からが一番多いのです。
そこでこの溝をフッ素を配合した樹脂で埋めることで浅くして、虫歯になりにくくする処置があります。これが「シーラント」と呼ばれるものです。

sealant1.jpg



小ビーバー40.jpg

【シーラントの写真


歯の溝は写真のように複雑でブラッシングでは 虫歯の予防不可能な部位です。特に6歳臼歯は複雑な形態をしています。

シーラント2.jpg



小ビーバー40.jpg

【シーラントの治療時間


シーラント予防.jpg
シーラントは注射をしたり、歯を削ることもありませんので、お子様にとっても負担の軽い虫歯予防処置です。治療にかかる時間は1本の歯につき5~10分程度です。




小ビーバー40.jpg

【シーラントに適した部位


selant3.jpg




小ビーバー40.jpg

【シーラントの治療手順


8.jpg
手順1 シーラントを埋める歯の清掃を行います
手順2 歯に薬を塗布します。この薬でシーラントが取れにくくなります 
手順3 歯を水で洗います
手順4 歯の溝にシーラントを埋めます
手順5 シーラントを硬めるために光をあてます




小ビーバー40.jpg

【シーラントを始める時期


シーラントb.jpg
◆ 乳歯の奥歯が生えてくる3歳頃から

◆ 6歳臼歯が生えてくる6歳頃から

◆ 12歳臼歯が生えてくる12歳頃まで




小ビーバー40.jpg

【シーラントをした後のお願い


シーラントは予防処置ですので、シーラントをしたからといって、必ず虫歯にはならないというわけではありません。
ご家庭では、保護者のみなさんで仕上げ磨きを行い、食べたら磨く習慣をつけ、食生活の環境を改善して下さい。
きちんとブラッシングをして、シーラントがきちんとついているかなどの定期健診を受け、フッ素を活用したり、食生活でも注意して、総合的に予防することが大切です。


1 入れ歯・義歯

  1. 入れ歯・義歯の目次

2 自費の入れ歯

  1. 金属床義歯 
  2. 磁石式入れ歯
  3. シリコーン義歯 
  4. コンフォート義歯 
  5. ノンクラスプ義歯
  6. 金属床 + 磁石
  7. 金属床 + シリコーン
  8. 金属床 + ノンクラスプ

3 磁石式入れ歯

  1. 磁石式入れ歯
  2. 従来の入れ歯を磁石式入れ歯にできますか?
  3. 歯が2~3本残っている方へ
  4. 歯が0本の方へ
  5. 「インプラント・磁石式入れ歯」と「通常の入れ歯」の違い
  6. 磁石式入れ歯の治療の流れ

4 入れ歯の特徴

  1. 自費の入れ歯
  2. 保険の入れ歯 
  3. 総入れ歯と部分入れ歯

5 予防歯科

  1. フッ素
  2. シーラント
  3. 各国の定期検診率
  4. 定期メンテナンス(おとな編)
  5. 定期メンテナンス(お子さま編)

6 親知らず

  1. 親知らず講座の目次
  2. 親知らず(親不知)とは?
  3. 親知らずはどんなふうに生えてくるの?
  4. 親知らずが痛くなる原因
  5. 親知らず(おやしらず)の特徴
  6. 親知らずを早く抜いほうがいいの?
  7. 親知らず(親不知)治療の手順
  8. 親知らず抜歯後の注意点

7 小児歯科(こども歯科)

  1. 小児歯科(こども歯科)講座の目次
  2. フッ素
  3. シーラント
  4. 定期メンテナンス(お子さま編)
  5. サホライド

8 求人情報

  1. 歯科技工士さん募集中!京都市西京区のさかの歯科で働きませんか?
  2. 歯科受付さん&歯科助手さん募集中!京都市西京区のさかの歯科で働きませんか?