ドクターブログ さかの歯科のトップページへ
TOP > ドクターブログ

みんなで集合写真を撮りました

2018年6月25日

院長イラスト小.jpg
6月20日に、みんなで集合写真を撮りました。

この日は大雨の予報でしたが、何とか写真を撮る瞬間は小雨となり、スタッフみんなの笑顔の写真がうまく取ることが出来ました。

その後リーガロイヤルホテル京都のオールデイダイニング カザにて、新しいスタッフの歓迎会をしました。

毎回ここでさかの歯科では、スタッフと一緒に食事をしますが、ブッフェ形式で、料理もおいしく、デザートも多いので、スタッフに好評で、お気に入りのランチとなりました。

スタッフの写真30.6月.jpg


また新しく加わったメンバーと親睦も深めることもできました。

院長として、さかの歯科が今後ももっと良い医院になれるようにしていきたいと思います。

また在籍スタッフともたくさん楽しい話もでき、有意義な時間を過ごすことができました。

明日からもよろしくお願いします。

みんなありがとう。

親知らずは必ず生える?

2018年6月18日

院長イラスト小.jpg
親知らずについて、今回はお話ししたいともいます。

実際に、親知らずが上下4本全て生えている人は、日本人成人でおよそ半分くらいだそうです。すなわち、親しらずは、誰しも必ず生えるわけではないのです。

しかし古代人の親しらずは、ほぼすべての人に「上下4本の親知らず」は生えていて、合計32本の永久歯が生えていたと考えられています。

これは、古代人の食事は調理の方法も多くなく、硬いものが多かったため、あごの力が必要たっだからといわれています。

親知らずは必ず生える?.jpg

人類の発達につれて、火を使った調理方法が多くなり、食事もだんだんと柔らかいものになってきたため、あごの力も必要なくなり、あごも徐々に小さく変化していき、上下32本の歯があごにおさまらなくなり、ついには生えなくなっていったと考えられています。

現代人の永久歯の数は、少なくなっている傾向にあるますが、これは、あごが小さく変化してきたと言い換えることもできますね。

もちろん生え方によっては抜歯の必要がない親知らずもありますが、横向きに生えてきたりする親しらずも結構見かけますね。

たとえ、まっすぐ生えてきても、親知らずはブラッシングが行き届きにくいので、虫歯になりやすいので注意が必要です。

 

2018年度の竹の里小学校に歯科検診に行ってきました。

2018年6月11日

院長イラスト小.jpg

2018年6月6日(水曜日)の医院の休診日に、私と副院長そしてスタッフ2人の合計4名で、竹の里小学校に歯科検診に行ってきました。

9:00からおよそ2時間かけて、虫歯のチェック、歯肉のチェック・歯垢の有無、顎関節の異常、咬合・歯列異常の有無を調べました。

2018-06-06修正.jpg

およそ私は19年前に竹の里小学校の学校歯科医となり、春と秋の年2回歯科検診に行っております。

最近いつも竹の里小学校の歯科検診を行って思う事なのですが、昔は虫歯が10本以上あるお子さんが結構たくさんおりましたが、最近は本当に少なくなりました。今回の歯科検診でも、10人はいなかったようです。

ただ、とても残念なに思うことなのですが、昨年の歯科検診用紙に虫歯となっている歯がまだむし歯のままになっている子供さんが10数名いました。まだ歯医者さんに行っていないのでしょうね。

むし歯は放置しておいても治ることはありません。歯医者さんに行きましょうね。


歯科金属アレルギーの講習会に行ってきました。

2018年6月 4日

院長イラスト小.jpg

2018年6月2日に、歯科金属アレルギーの講習会がありました。「歯科金属アレルギーをちゃんと考える -経験した2000症例からわかったこと」という題目での講習会でした。

演者は、高永和先生で、歯科金属アレルギーの分野では日本でも第一人者として有名な先生です。

2016年4月1日から,歯科金属を原因とする金属アレルギーを有する患者に限り、大臼歯にも硬質レジンジャケット冠およびCAD/CAM冠が、社会保険で算定できるようになりました。

歯科金属アレルギー.jpg

ただし、これは1928年にFleischmannが,アマルガム(水銀)による口内炎と肛門周囲炎の歯科金属アレルギー症例を、世界で初めて報告してからやっと約90年目にできたものです。

また、一方では、歯科金属アレルギーの研究については、その多くが疫学調査や症例報告であり、具体的な治療に言及するものが少ない。つまり歯科金属アレルギー治療に対するガイドラインが整備される状況には至っていない状況です。

その結果,臨床現場では各術者により様々な方法で治療が行われており、その中にはエビデンスに乏しく不適切なものも散見されています。

歯科金属アレルギーの治療により、難治性皮膚疾患、アトピー性皮膚炎がが改善した症例のスライドにて、教えていただきました。

「歯周病と全身疾患」「歯科金属と全身の皮膚炎」の関係について、歯科医療従事者が全身疾患を念頭に置いて,歯科医療を行わなければならないことを教えていただきました。



平成30年6月のさかの歯科の休診日のお知らせ

2018年6月 1日

平成30年6月のさかの歯科の休診日のお知らせ

  3日()     6日(水)
10日()     13日(水)   
17日(   20日  (水) 
24日(   27日  (水) 
西京区歯の広場の出席のため、
23日(土)PMの診療は、臨時休診となります。 

よろしくお願いします。

前の5件へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
院長紹介 カレンダー

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリー アーカイブ