ドクターブログ さかの歯科のトップページへ
TOP > ドクターブログ

第11回西京よろし会に行ってきました。

2017年11月13日

院長イラスト小.jpg

平成29年11月11日に、第11回西京よろし会がありました。

西京よろし会とは、西京区の多職種連携を目指し、4師(医師、歯科医師、薬剤師、看護師) 6士(歯科衛生士、作業療法士、理学療法士、言語聴覚士、社会福祉士、介護福祉士) 行政関係者など、地域の連携をスムーズに行うための情報交換会です。

最近は、認知症の支援の充実が地域の課題となっており、多職種の連携が重要となってきています。

われわれ歯科医師も、地域包括ケアシステムの役割を果たせるようになっていかけねばならない時代となってきていますね。

よろし会h29.11月.jpg


仕上げ磨きのコツ  最終回  

2017年11月 6日

ブラッシングのクローズアップ.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長々と書いてきましたが、結局のところ、仕上げ磨きのコツは、

 

①本人用と仕上げ用の2本のハブラシを用意する。
②本人の機嫌の良い時間にする。
③機嫌が悪かったり、嫌がるときは、大事なポイント(ムシバになりやすい場所)だけを短時間で磨く。
④ハブラシの当て方を、保護者に知ってもらう。

 

と、いったところでしょうか?


しかし、実際のところ、ハミガキを好きにさせるのに時間がかかるお子さんもいます。


最後は、愛情でしょうか・・・。



仕上げ磨きのコツ  その4 

2017年10月30日

ブラッシングのクローズアップ.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回 ( 『仕上げ磨きのコツ その1』   『仕上げ磨きのコツ その2』 『仕上げ磨きのコツ その3』までは、心構え&事前準備編でしたが、これだけ知っただけでは、まだ効果に不安があります。



なにしろ、ハミガキは「手」でやるもので「頭」でやるものではありません。「前歯を磨いてくださいね」と、保護者の方に言っても、現実はこちらの思惑通りに磨けていないほうが多いかもしれません。



体が覚えないと、上手にできないのが、ハミガキですよね。スポーツなどと一緒ですね。正しいフォームや、やり方が頭では解っていても、体がなかなかその通りに動いてくれない。


でも、そんなに難しいものではありませんよ。ちょっと練習すれば、皆さんすぐに正しい方法で、磨けるようになります。そして、一人で治療イスに座れるお子さんなら、タイミングを見計らって、上手に磨いてあげれば、100%できるようになります。



とにかく大切なのは、無理強いしないこと。嫌がる原因を探って、それに対処していくことが肝要では?と、思っています。
ただ、根気は要りますが・・・・。


2019年の竹の里小学校の秋の歯科検診に行ってきました。

2017年10月23日

院長イラスト小.jpg
平成29年10月18日に、竹の里小学校の秋の歯科検診に、さかの歯科のスタッフと一緒に行ってきました。

秋の歯科検診では、主に虫歯や歯肉炎があるかどうかを調べています。

竹の里小学校では、昔に比べて、虫歯や歯肉炎の子供さんが本当に少なくなりました。

恐らく、週1回のフッ素洗口や養護先生の熱心な歯磨き指導のおかげで、予防効果が徐々に浸透しているのだと思います。
 
2019年の竹の里小学校の秋の歯科検診.JPG

また、歯科検診を受ける生徒さんの順番も、男女関係なく「あいうえお順」になっていました。

これも時代の流れなのでしょうね。

我々の時代は、男の子、女の子の順番が出席番号でしたが。。。。




仕上げ磨きのコツ その3  

2017年10月16日

ブラッシングのクローズアップ.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



今回は、『仕上げ磨きのコツ その1』   『仕上げ磨きのコツ その2』の続編です。

 

仕上げ磨きの効果を挙げるための最大のポイントは、仕上げ磨きを好きになってもらうことだと思っています。

 

歯垢は、溜まってくると、ハブラシで落とすことがだんだん困難になってきますので、とにかく溜めないことが大切です。

 

でも現実的には、嫌がるお子さんにどう対処するか?

 

マジメなお母さんほど、毎回隅々まできっちり磨こうとしますが、私は機嫌の悪い時や、まだ仕上げ磨きが好きになっていない段階では、1点集中磨きをススメています。

 

ムシバは、おおむねできやすい場所と時期が決まっています。

 

例えば2歳前後であれば、上の前歯。

もう少し大きくなれば、奥歯の間といったように・・・・。

そして、下の前歯などは、よほどムシバになりやすい体質でない限り、そうそうムシバにはなりません(ただ、歯肉炎にはなりやすいですが)。

 

ですから、短時間でさっと終わらせたい時は、そういったムシバになりやすい場所だけに集中し、その他の場所は子どもの様子を見ながら、無理強いをしないようにお話しています。 

前の5件へ 16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26
院長紹介 カレンダー

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリー アーカイブ